特定非営利活動法人 Ohana kids

Ohana kids の描く未来

すべての医療的ケア児・重い障がいを持つ子とその親が、個々の特性に寄り添った支援を受けられ、障がいの度合いに関わらずその子らしい生活ができ、地域と繋がりながら安心・安全に未来を描ける社会

オハナキッズ写真

病気や障がいで日常的にたん吸引や酸素吸入などの医療的ケアが必要な子どもたちが、家庭から最初に出て、みんなで一緒に未来を描き、地域や社会と繋がりながら成長していく手助けをする居場所づくりをしています。
お父さん・お母さんから離れて、出来ることを少しずつ増やしていく。子どもも家族も一緒に成長する新しい我が家をつくっていきます。

オハナキッズ写真

孤立奮闘している家族の交流と居場所づくり

オハナキッズ写真

仕事をしながら、子育てもする。 障がいのない子の子育てだってとても大変。それは、重い障がいを持つ子・医療的ケア児の家族も同じこと。
Ohana kidsは、そんな慌しい日常の中にちょっとした休憩時間をつくります。いつ来ても仲間がいる、安心の居場所です。

子どもの居場所の選択肢をつくる

オハナキッズ写真

障がいを持つ子どもたちは、学校・病院・家の往復がほとんどで、放課後の余暇が少ないため学校以外のお友だちが少ないことも珍しくありません。
Ohana kidsはデイサービス事業を通して子どもの居場所としての役割を担い、子ども同士の関わり合いを支援します。

地域と繋がり社会で子どもを支える

オハナキッズ写真

地域と交流し経験を重ねることは子どもが将来もその地域で生きていく大きな糧となります。
支援する・支援されるという関係ではなく、障がいのあるなしに関わらず、地域で子どもの成長を支えることは社会を強く優しくすると考えます。地域と連携し、まちづくりにも積極的に参加しています。

facebook Ohana kids オハナキッズ LINE Ohana kids オハナキッズ