子どもの育みと可能性を大切に、すべての医療的ケア児・​重い障がいを持つ子​とその家族が地域と繋がりながら安心・安全に未来を描ける社会

安心して社会へ出る「はじめまして」の場所

Ohanakidsのご紹介

何もわからず、将来が不安で、この先どうしたら良いのかわからない。まわりを見渡しても同じような子はいなくて、どんどん孤独を感じるママ・パパ。いま必要なのは、専門的な医療施設だけではなく、家族以外のつながりが生まれて一緒に育っていく場所なのかも?
NPO法人Ohana kidsは、子どもと家族みんなで一緒に未来を描き、地域や社会とつながりながら子どもが成長していく、新しい我が家のような居場所を​目指しています​。

オハナキッズについて

オハナキッズステーション

子どもは、どんな​背景があっても、どんな成長段階においても、​無限の可能性がある

私たちの取り組み

子どもにとって、家・学校以外の居場所があることは大切なことです。それは重い障がいを持つ子ども・医療的ケア児も同じです。ケアが必要な子どもにとっても、放課後の遊び場での出会いや経験、塾や習い事で得られる学びは、子どもたちにとって未来に向けた可能性を広げてくれます。
オハナキッズは、障がいがあるという壁を取りはらい、子どもとしての学びや出会い、経験を積み重ねていくことを大事にしています。

私たちの取り組み

オハナキッズステーション

みんなで一緒に未来を描く、Ohana kids のポイント

ポイント1:ふかふかのベッドのような柔らかな居場所

Ohana kidsの施設はふかふかのベッドのような柔らかな空間を目指しています。
心の栄養を受けて大きく成長していける、温かくて緩やかな場所を提供しています。

ポイント2:ママ・パパご家族​のケア

重症児・医療的ケア児を持つパパ・ママたちが孤独にならないよう、仲間、地域、社会とつながり、みんなで障がい児の子育てを支えます。

ポイント3:きょうだい児のケア

障がいをもつ子どものきょうだい児は さまざまな想いを抱えて過ごしています。その子らしさを発揮できるよう、心のケアを大切にしています。

ポイント4:スタッフの専門教育

日々の活動を通して、重症児・医療的ケア児を専門とした保育士・看護師・理学療法士など、専門知識を持った人材の育成に努めています。

活動内容

私たちは「オハナキッズステーション」と「オハナキッズナーサリー」の2拠点を中心に活動しています。

 
Ohana kids Station

Ohana kids Station

Ohana kids Nursery

Ohana kids Nursery

 

お知らせ

2022.06.09
Ohana kids マンスリーギフト会員 スタートです!
2022.03.12
ローランズとコラボ!お花屋さんワークショップ開催
2022.03.08
Ohana kids ナーサリー 1周年!初めての卒園式を開催しました
2022.03.01
2022.3.1 東京新聞首都圏版『13トリソミーの子どもたち写真展』をご紹介いただきました
2022.02.23
2022.2.13〜3.31「第5回 13トリソミーの子どもたち写真展」開催

お知らせの一覧へ

皆様からのご支援が子どもたちの笑顔を生み出します。応援をよろしくお願いいたします。詳しくは『ご支援・ボランティア』のページをご覧ください。

皆様からのご支援が子どもたちの笑顔を生み出します。応援をよろしくお願いいたします。
詳しくは『ご支援・ボランティア』のページをご覧ください。

Ohana kidsの今

インスタグラムで見る

facebook Ohana kids オハナキッズ LINE Ohana kids オハナキッズ